YOU’VE GOT THE WORLD

Suchmosの初のホールツアー、

オリックス劇場2日目に行ってきました。

堂々とネタバレします。

f:id:micha27:20180404202420j:image

 

~SET LIST~

---18:00---

新曲 🆕
PINKVIBES
JET COAST
WIPER
STAY TUNE
808
Pacific
Fallin'
MINT
TOBACCO
YOU’VE GOT THE WORLD 🆕
YMM
Burn
SNOOZE
GAGA
---19:41---

~encore~

one day in Avenue 🆕
Life Easy
---20:00---

 

もう3日も経つのに頭の中を整理しきれてないくらい思うことがゴチャゴチャあって…

 

何から書こうか迷うけど、まずは私、たいきくんのギターが好きじゃなくなった。というか今の私のテンションと合わない。

 

前半で言うと、WIPERや808はいいなと思ったけど

PINKVIBESもJET COASTもSTAY TUNEもPacificも、ギターの音色が全然好きじゃない。って思ってしまってその思いが頭の中を支配してしまって。。

何が悪いとかでもなくただただ悲しくて途中涙が止まらなかったし、MINTでみんなが歌うとこも泣きじゃくって全然歌えなかった。

ライブはステージだけじゃなくオーディエンスも一緒に作るものだと思っているので周りの人にも申し訳なかった

(感動で泣いてる人に見えてたはずですが、💦)

 

ギターに詳しくないのでうまくは説明できないけど、今の音は以前よりギュイーン、ビーンって感じで、歪んでるって言うのかな。

私がたいきくんのギターを好きだって思ってた頃から、どんどん機材を新しく買ったりアップグレードすることで出せる音が増えてるんだろうな、、だから喜ばしいことではあるよね。複雑。

たいきくんの、音の輪郭を丁寧に確かめるような弾き方も真っ直ぐな言葉も愛嬌のある顔もちょっとぽっちゃりなとこも(笑)全部大好きだったけど音が好きじゃなくなったら心は離れてくしかないみたいです。

 

あと、TOBACCOのイントロの泰平さんのキーボードもアレンジ自体は素晴らしかったけどタッチがきつくてなんか違うって思っちゃったし

OKのドラムも前はずっと繊細でしみじみ良いなって思ってたのに3カ月前のレディクレで荒く感じてこれは好きじゃないって思って、今回のライブ観ても同じ感想を持ったし

バンドの規模がどんどん大きくなっててハコからホールでワンマンライブするってなって、確実にあの繊細さは薄まってると思うよ。それよりも大胆さとかそういうパッションをSuchmosは選んで進んでくんだなあって、まあそれだけのことなんだけどね😅

 

新曲も3曲ともカッコいいのはカッコいいんだけど特に好きな感じではないのよね。。

他の曲は総じてテンポ走ってるように聞こえたし。

 

今のSuchmosの出す音が私の好きな音とはどんどんかけ離れていってる感覚がある。

ただ、彼らは彼らが出したい音・やりたい音楽を追い求めて進化していってるんだろうから、そこはずっと信じてるから、これからも止まらず進んでいってほしいと心からおもう

(誰も願わくともそうするだろうが、)

 

どういう話の流れか忘れちゃったけどYONCEがMCで「その隙間に他の音楽を入れてください!」って言っててまさにその一言に尽きるなと。Suchmosはサチモファンにはサチモスラバーである以前に音楽ラバーでいてほしいんだろうなって前にも思ったけど改めて。

360°の音楽の円を作ろうとしてるのにも納得するし、今は そのうち90°くらい好きじゃない音楽があったって良いんじゃないか、なんて思ってる。笑

本当は音楽に好き嫌いとかしたくないけど、好きじゃないって感情にも素直でいたいし、音楽に対して無理するスタンスなんか絶対嫌やもんなあ

自分の音楽の好みはどんどん広がってるし、その時々のテンションや感情、音楽間/アーティスト間の繋がりによって左右されるところが必ずあるから、今回で言う所の新曲たちもいつか愛せる時が来るかもしれないって思う。

 

あと覚えておきたいのは、客層が確実に広がってて今まで行ったどのライブよりもバラッバラで、月並みな言葉だけど本当にすごいなと思ったこと

初めてクアトロでSuchmosみたときはオシャレな人ばっかだな〜って印象だったのが、今回は年齢、性別、服装、すべてがばらばら。スーツの人もたくさんいたし。

STAY TUNEでその名が広まってからミーハーの注目の的だった時期は終わって、今は本当にSuchmosの音楽を好きな人が会場に集まってるんじゃないかなって思いたい。

 

ここで、6人のメンバーのうち3人に触れたので残りの3人についても触れておきたい。

まずヨンス、髪型や服装は置いといて、一時期は喉大丈夫かと心配してたんだけどこの公演では歌声はよく伸びてたし高音も無理なく綺麗に出てて即興でも魅了された。やっぱステージにおいてマイク一本でのパフォーマンスだったらこの人以上のフロントマンは滅多にいないんじゃないかと思いました。最強。いつまでも音楽に酔って感じるままに体を動かしていてほしい。それがなくなるのでギターは持たない方が好きです。MCも嘘は言ってないとは思うけど棒読みでちょっと胡散臭いからあんま喋らない方が好きです。

次にベースのすーさん。ギター好きじゃない〜って苦しくなったらあなたに集中していました笑。一番安定していてかっこいい。Suchmosの芯だね。

最後にDJの大原魁生。こやつはいい男や。 昨年のメトロックあたりからYMMでエリカバドゥーをサンプリングしてたけど、それを入れるタイミングを変えてきよった。観客を飽きさせない。それで破茶滅茶にテンション上がって、泣いてたとこからいつものライブのテンションに持ち直したっという笑。

今回は全体通してもかいきのプレイがなんか一番好きだったな。

 

そして各曲について描き残しときたいこと

▪️WIPER

スペシャアワードで披露してたあのイントロの入りのアレンジ、めちゃめちゃかっこよくて生で聴けて嬉しかった!!

▪️Pacific

曲が始まる前の波の音がデカすぎた。

個人的には、もっと、消え入りそうな感じで鳴っててほしいんだよ…!ギターも!

でも前のツアーで「Pacificはこれからもどんどん進化します、」ってヨンス言ってたからさ。地元の海辺より大海原が思い浮かんだけど、これが今のサチモスのテンションなんだなって受け入れながら聞いてました。

▪️Fallin'

この曲は前ギターのアユスタットが作ったということで、ライブで聞けるとは一ミリも思ってなかった。私の中では伝説のような曲だったのでビックリ。

原曲は秘めた熱を少しずつ放出していくような雰囲気だけど、その感じは少し残りつつも終始秘めっぱなしな曲に生まれ変わってた。

個人的には原曲の方が好き。

▪️Burn→SNOOZE!

ここはピークでヤバかったです。ぶち上がって頭真っ白になってまさに絶頂って感じ。どちらも今までにライブでやってたの観たことあるけど、今までで一番。歪んだギターも良かったし今のSuchmosのサウンドにすごいぴったりな2曲セレクトだったと思う!!

やっぱSuchmos最高!!ってなりました⚡️

途中悲しくて泣いてたとは思えんくらい笑笑

▪️GAGA

前のツアーでもラストこの曲で、頭の片隅でまたか〜と思いつつ堪能。今度こそ置いてきぼりはやめてくれと思ってたけど、当たり前に置いてきぼりをくらいました。私はラストにサビをもう一回演奏してほしいんだな😡!!…でも、だからこそSuchmosのライブはやめられません笑

(詳しくは前ツアー時の記事参照)

▪️Life Easy

ラストのラスト。これも、やると思ってなかったなあ。Suchmosのfirst choiceが変わっていないことを再確認し、安心させられたところでライブ終了。

誰のためでもなく自分のために生きよう!

 

まとめると、いろいろ思うところはあるにせよ、これから先もずっとずっと音楽が好きな限りSuchmosに注目することには変わらないってことですね。好みはあれどやっぱり演奏力、6人のアンサンブルは素晴らしい。

これからも私の中の殿堂入りアーティストや☺︎︎✨

いろんな音楽聴いて鍛えて待っとくからまた揺さぶってくれ〜。end

f:id:micha27:20180404223049j:image